日本全国食宝館のある銚子の名産品

醤油の生産量日本一の千葉県

現在日本全国の醤油の3割は千葉県で生産されています。
千葉で醤油づくりが盛んに行われるようになったの江戸時代からです。当時の江戸幕府は、生活物資の関西依存から抜け出すために、江戸周辺の産業育成に力を入れていました。 こうした中で今現在も関東の醤油づくりの中心的存在となっている銚子や野田地域が醤油の産地として発展していきました。
「江戸の食文化は“千葉の醤油が支えた”」といわれるほど、江戸の醤油は千葉の醤油がほぼ占有しました。

ちば醤油本社

伝承木桶仕込 下総醤油

創業当時から使い続けている伝統ある木桶でじっくり熟成させた本格醤油、「下総醤油」。
ゆっくりと時間をかけて熟成していくことで生み出される風味や旨味は一般的な醤油とは明らかに違います。

木桶には、“その工場の木桶にしか出せない風味”があります。それは木桶の内側に住みつく酵母や乳酸菌が工場ごとに異なるから。酵母や乳酸菌の働きにより、醤油の風味が変わってくるのです。

下総醤油が熟成されているこの木桶は、創業当時から使い続けてきた“伝承の木桶”。ここで作られる下総醤油は、熟成期間のみならず、創業時からの長い年月をかけて作り上げられた本格醤油なのです。

醤油づくりの工程

厳選された国産材料のみを使用、プロが選ぶ本物の味

醤油の原料である「大豆」「小麦」「塩」はすべて厳選された国産のものを使用しています。

下総醤油の特徴の1つが「色調」です。 天然醸造の下総醤油は、濃口ですが透明感のある鮮やかな赤橙色をしています。
澄んだまろやかさとマイルドで深い味わいは、ミシュランを獲得したお店でも使われるほど、
プロの料理人からも支持を得ています。

またグルメ雑誌danchuの醤油特集では、プロが選ぶ人気醤油ナンバー1を獲得し、明石家さんまさんがテレビで紹介した際は、注文が殺到しました。

醤油 刺身

素材の味を活かす本物のしょうゆ

「下総醤油」の風味をほんとうに感じていただきたいので、まずはお刺身やお寿司、冷奴などにかけてお召し上がりください。
素材の味を引き立てるまろやかな味わいは、余計な薬味がいらないほど。
煮物に使うと、 料理の味をワンランクアップさせます。

→ いつでも新鮮!酸化を防ぐ「下総醤油 200ml (二重ボトル)」のご購入はこちらから

→ ちば醤油の地元香取の小麦のみを使用した「超特選本醸造 香取」のご購入はこちらから



てっぽう漬

醤油屋さんがつくるてっぽう漬

鉄砲漬ならば、ちば醤油の「てっぽう漬」「小舟漬」と一般に言われるほどに地元で馴染みの逸品です。
鉄砲漬とは、白瓜の中身をくり抜き、そこにシソに巻いた唐辛子を詰めて醤油で漬けた千葉県北東部の名産品です。 うりを砲筒、青とうがらしを弾に見立てたことから「鉄砲漬」と呼ばれています。

白瓜

厳選された国産白瓜を使用

信頼できる関東の農家に特別に依頼して確保した国産白瓜の中からさらに高品質なものだけを厳選して使用した「国産白瓜のてっぽう漬」。
吟味した歯ぎれの良い白瓜に、しそ、唐辛子の香味をピリッときかせ、スッキリと上品な味に仕上がっています。

てっぽう漬パッケージ

→国産1本「国産白瓜のてっぽう漬」のご購入はこちらから

→スライスされて食べやすい「小舟漬」のご購入はこちらから

→まずはお試し「国産白瓜てっぽう漬1袋、小舟漬2袋【送料込ポスト投函】」のご購入はこちらから


唐辛子の佃煮 ごはん

ハマる人続出!ピリッと旨辛 つくだに唐辛子

唐辛子を銚子の優良醤油でじっくり味付けした「つくだに唐辛子」。
ごはんにのせたり、うどんや冷奴にのせたりと、薬味や調味料代わりにもご使用いただけます。
まろやかな旨味とピリッとした辛味が料理にアクセントをもたせます。

フレッシュな辛みがクセになる つくだに葉唐辛子

唐辛子のやわらかな若葉のみを使用した「つくだに葉唐辛子」。
少し刻んでから使うのがおすすめです。そのまま召し上がるのはもちろん、お茶漬けにしたり、マヨネーズと和えてディップソースにしたりと使い方は様々。マイルドで爽やかな辛味が美味しい佃煮です。

唐辛子の佃煮 ビン

→「つくだに唐辛子」のご購入はこちらから

→「つくだに葉唐辛子」のご購入はこちらから


いわし

銚子はイワシの日本一の水揚げ港

千葉県は、全国でも有数のマイワシの水揚げ量を誇っています。その中でも、銚子港は日本一の水揚港としても知られています。

沖合では南からの黒潮と北からの親潮がぶつかり、さらに利根川からの淡水も加わって、年間を通じてプランクトンが豊富に発生する好漁場となっています。
ここで水揚げされるイワシは太って丸みを帯びており、刺身でいただくと これまでのイワシのイメージが変わるほどです。

いわし銚子煮

銚子の脂ののった冬場のイワシを厳選使用 いわし銚子煮

銚子で水揚げされたイワシはエサをたっぷり食べ、丸みを帯びて太っているのが特徴。そんな脂がのったイワシを、銚子特産の醤油でじっくり味付けしたイワシの佃煮「いわし銚子煮」。
昔ながらの醤油味がごはんとよく合います。
独自の製法で骨がやわらかくなるまでじっくり煮込まれているため、イワシの美味しさと栄養をまるまる頂けます。

青柳食品の商品

→「海鮮小鉢 いわし銚子煮」のご購入はこちらから

→「海鮮小鉢 いわしマリネ」のご購入はこちらから

→「オリーブオイルサーディン」のご購入はこちらから

魚めん

銚子ふるさと産品 いわしを練り込んだ麺「魚めん」

栄養価の非常に高いにも関わらず、少し犬猿されがちな青魚のイワシを美味しく食べてもらいたいという想いから誕生した「魚めん(うおめん)」。魚めんは、銚子の学校給食では20年以上親しまれてきた、33%がイワシからできた麺です。

合成保存料・着色料不使用を一切使用していないため、お子様にもピッタリな栄養満点のめんです。
食べ方は、汁物・サラダ・やきそばなど和洋中問わずお召し上がりいただけます。

唐辛子の佃煮 ビン

→ まずはお試し「魚めん 140g/2袋【送料込ポスト投函】」のご購入はこちらから

→ 「いわしを練り込んだ麺 魚めん 140g」のご購入はこちらから

  • [ 商品コード ] 780010100201
  • 銚子の名産詰合せ

▼画像をクリックすると拡大します。

 
  • [ 商品コード ] 780010100201
  • 価格2,800円(税込)
  • ポイント還元!ポイント還元

この商品に関する詳細情報

品名銚子の名産詰合せ
セット内容下総醤油 200ml
国産白瓜のてっぽう漬け
ぬれ千両7枚入り
つくだに唐辛子
さんま黒胡椒
いわし銚子煮
備考-
戻る

※会員登録をしなくてもご利用頂けます。
会員はポイントが貯まります。


お取り寄せ グルメ

商品カテゴリーから探す


地域から探す


経営者ブログ
九十九里の百姓ジィさんの思い
営業カレンダー
11月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
12月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
この色の日は休業となります。