神話の国島根の出雲そば

出雲大社

江戸時代、信州から伝わったそば文化


西日本はうどん文化だとよくいわれますが、出雲地方は独自のそば文化を育んできました。
出雲地方にそばが伝わったのは、江戸時代初期。松平直政が信州松本から改易の際、そば職人を一緒に連れて来たのがはじまりではないかといわれてます。
その後、出雲そばは出雲大社、松江城下を中心として発展し、今でも出雲大社参道には多くのそば屋が軒を連ねます。

そば

皮まで味わう挽きぐるみ製法


出雲そばの特徴は、玄そば(殻のついたそばの実)のまま、石臼で挽く「挽きぐるみ製法」で製粉するところ。
栄養価の高い皮ごと製粉するため、一般的なそばよりも黒っぽい色になりますが、香りが高く独特の食感のそばに仕上がります。

出雲そば

冷たい「割子そば」と温かい「釜揚げそば」


出雲そばの食べ方は大きく分けると、冷たい「割子そば」と温かい「釜揚げそば」に分けられます。

上の写真のような丸い重箱のような漆器に入ったものが、割子そばです。
薬味はねぎ、のり、もみじおろし、かつおぶしなどが定番。そばにお好みの薬味をのせ、徳利に入った「そばつゆ」を上からさっと回しかけ、そばとなじませていただきます。

釜揚げそばは、茹でたそばを水で洗わず鍋からそのまま器に盛った温かいそばのことをさします。そばの栄養が溶け出したとろみのあるそば湯は栄養価が高く、自分でつゆや薬味を入れて味を調整できます。

そば陳列

薬味をたっぷりのせて割子で食べたい極細出雲そば


厳選した国産原料を使用した極細ののどごしよい出雲そばです。サッと茹でて水でキュッとしめた本場の出雲そばを一度ご賞味ください。

→「出雲福そば 極細麺」のご購入はこちらから

こんなのどごしの良い出雲そばを家庭で味わえるなんて贅沢


厳選した国産原料を使用したのどごしのよい出雲そばの半生タイプです。出雲そばの美味しさを堪能できます。

→「出雲福そば 半生そば」のご購入はこちらから

島根のおそば屋さんが作ったぽん酢


創業50年の島根のおそば屋さんが作ったつゆぽんです。お酢を使わず、生搾り柚子果汁のみを使用し、秘伝のそばつゆの旨みが効いた万能ぽんず。 化学調味料不使用で、原材料のゆず果汁、醤油は全て島根県産です。

→「つゆぽん」のご購入はこちらから

そばの花

出雲そばに関する商品はコチラです。

※会員登録をしなくてもご利用頂けます。
会員はポイントが貯まります。


ピックアップ
2017 お中元
お試し ポスト投函
ミニトマト〈アイコ〉
サクサク噛む飴有平糖 手土産 おやつ
ちば麦茶

お取り寄せ グルメ

商品カテゴリーから探す


地域から探す


経営者ブログ
九十九里の百姓ジィさんの思い
営業カレンダー
6月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
7月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
この色の日は休業となります。